2021-4-26 ガンプラギャラリー(アナザー系・その他)更新!
趣味・雑談

【ちょいネタバレ有り】ハロヲタ歴15年のヲタクが映画「あの頃。」を観に行って来たのだよ。

趣味・雑談















こんにちは、涼花です。

何だか今回は大層なタイトル付けちゃってますが、ただのハロヲタがハロヲタ映画を観に行って来たのでレビューするよ!という記事です(苦笑)

厨二病真っ盛りの13歳でハロプロに出会って以来、学生の時はディープに。今ではライトに応援を続けている筆者です。




そんな最中、ハロプロヲタクの映画が上映されると聞いて 

明らかにサブカル映画感は否めないけど、これは観に行かなければならないよなァ、、、と謎の使命感に駆られて劇場に足を運んで来ました。



自分でレビューを書いていて思ったのですが、ヲタクが描くヲタク映画の総評ってこんなに気持ち悪いのか、、、と自分で書いていてもドン引きしてしまったので 読む際は寛大な心で目を通していただけますと幸いです←








あらすじ

大学院受験に失敗し、彼女なし、お金なし、楽しいことなど何もなく、どん底の生活を送っていた劔(つるぎ)。ある日、松浦亜弥の「♡桃色片想い♡」のMVを見たことをきっかけに、劔は一気にハロー!プロジェクトのアイドルたちにドハマりし、オタ活にのめり込んでいく。

藤本美貴の魅力を熱く語るプライドが高くてひねくれ者のコズミンをはじめ個性的なオタク仲間と共に、「恋愛研究会。」を結成した劔。トークイベントや学園祭でのアイドルの啓蒙活動、ライブを開催したりと、くだらなくも愛おしい青春の日々を謳歌する。しかし、時は流れ、仲間たちはアイドルよりも大切なものを見つけて、次第に離れ離れになり…。

監督

今泉力哉

脚本

冨永昌敬

原作

劔樹人

出演者

松坂桃李

仲野太賀(太賀)

山中崇

若葉竜也

芹澤興人

コカドケンタロウ

大下ヒロト

木口健太

中田青渚

片山友希

西田尚美

山﨑夢羽

ぱいぱいでか美

どんぐり(竹原芳子)

いまおかしんじ(今岡信治)

増子直純


多彩な活動で知られる劔樹人が、自伝的なコミックエッセイとして出版した初の著書、あの頃。男子かしまし物語を、青春恋愛群像劇を描き続ける映画監督の手によって映画化。





松坂桃李主演 映画『あの頃。』予告編|2月19日(金)公開!!





今泉監督は、自分は今回お初だったのですが 扱う題材がマニアックな上に押し付けがましくない演出が好評という情報を得ていたので わりと自分は楽しめて見れました。


ですが、この映画一言感想を言ってしまえば 観る人をかなり選ぶ映画なんじゃないかと思います。




ザッと簡単に述べると、、

•多少ハロプロを知っている人

•映画でヒット映画以外楽しめる様な人•見慣れている人

•サブカル文化やB級映画に理解がある人

•高校生レベルの下ネタにゲラゲラ笑える人


、、、ってめちゃくちゃ人種選ぶ映画じゃないですか!(あくまで個人的な見解です)





その理由としてあげられるのは、ハロプロヲタクの話であって完全にハロプロに特化した内容では無く、ヲタク文化が色濃く反映されている物語だからです。

ハロプロ好きな言動に共感することを期待していくと、少しズレた感想を持つんですよね。



あくまで主役はヲタクであり、ヲタクの言動に共感できる人は作りも丁寧だと思うので楽しめるかと思います。

といっても、セットや背景は実にリアルなものなので下記では〝3つの凄い〟を挙げてレビューを綴っていこうと思います。








懐かしすぎるハロプログッズの再現度








まず、一番驚いたのは主人公が松浦亜弥の魅力に気づきCDショップに盤を探しにいくシーン。

これが貼られてるポスターや並べられている商品。また、紹介ポップに至るまでリリースの時系列がちゃんと合っていて素晴らしい!!



おそらく2001~2003年くらいの時期の話だと思うのですが、モーニング娘。なら恋愛レボリューション以降の全盛期。「ザ☆ピース」や「Mr.Moonlight ~愛のビッグバンド~」のリリース時期と被ります。

そして、Berryz工房がデビューを果たし 我が推し鈴木愛理がまだハロプロキッズだった時代 田中れいな•夏焼雅と共に結成したユニット〝あぁ!〟の「FIRST KISS」のポスターまで飾られている。

主人公の好きな松浦亜弥であれば、「ね~え?」や「GOOD BYE 夏男」の時期です。





本当によくここいらのハロプロ時系列が調べられており、ありきたりにアイドルのシングルだけを並べている映画よりもめちゃくちゃヲタクにとっては時代背景に説得力があるんですよね。

イベントの当選は青い封筒で来るのがハロプロファンクラブに入会している人なら常識だと思うのですが、そのシーンも健在。





ハロプロ好きなら、〝こんなのあった!合った!〟と歓喜の声を漏らしてしまう程のリアルティのある絵ばかりで色んな小ネタが散りばめられており、自分は凄く満足してしまいました。

当時の美化にこだわる。再現度への忠実度にうるさいヲタク達に向けての配慮が絵作りから伝わってくるということは 作者の劔樹人さんの拘りもしっかり詰め込まれているという事なんでしょうね。







ヲタクならではの言動に激しく共感









この映画のレビューを見た際に〝話がとっ散らかっていて分からない〟という感想が多く見受けられました。



前半アイドルを応援していてワチャワチャしていて面白いのに、急に関係ない話を混ぜ込んで来るな と。

でも、これ。全く関係ない話ばかりでなくて ヲタクの心情を含んだ言動と考えればスムーズに理解ができるんですよね。




自分もそうですけど、ヲタクは皆さんが思っているよりも遥かに自意識過剰で重度に周りの目を気にする生き物です(ヲタ芸やってようがファッションが変だろうが それがヲタクです)

それでいて風船の様に傷つきやすく、落ち込むとズブズブ萎んでいきます(苦笑)

そして、こだわりを重視し過程をスッ飛ばしてその後のことばかりを妄想してしまう思考があります←





例えばそれを主張するシーンが、ヲタクメンバー間で出てくる女性問題。

いくらアイドルが好きといっても、

どこかヲタクである事に引け目を感じている人間は一般的な生活(普通に職を持っていて、彼女がいる生活)に憧れを持つから チャンス到来時は男子中学生並みに暴走するのです。



せっかく上手くいきそうだったのに、松浦亜弥のライブを前日断られる主人公に未来の主人公がいきなり出てきて話しかけられるという場面がありますが

これはどこか自分はこのままではいけない という主人公の深層心理を再現しているシーンとも言えます。





ヲタク的な趣味を持つ人は分かると思いますが、どこか現実と一般社会のズレを感じながらも逃避する様に趣味へのめり込んでいるのです。

そしてまた、宗教の様にアイドルに縋りながら好きという気持ちだけでのフットワーク軽い行動力で生活を歩んでいく。。。


自分も誕生日はメンバーのためにコンビニでケーキを買ってきて写真の前でお祝いしていたり。

当時パケ放題が無かった時にアイドルの画像をダウンロードしすぎて6万くらいいってしまったり。

テストを書き終えた後、裏の用紙にひたすらメンバーの名前を乱列して書きまくったり、、、とか(爆)

そんなヲタクの黒歴史を経験しているからこそ、彼らの言動に観ていてチクリと自分の心が抉られる様な場面もありました。

どれも等身大の彼らの言動であり 自分にはそれが大変丁寧に描いてくれた監督に拍手を送りたいです。






因みにもう一点、主人公が東京に出ようか迷っている時にタイミングよく東京で石川梨華の卒業コンを見る事になり チケットを落札した女性とライブを楽しむ というシーンがあります。





ここがレビューサイトでは大した進展もないし、何故導入したのか分からないという 言葉をよく目にしましたが

これは、相手の女性が40代くらいの女教師なのですが 〝アイドルは年齢や世代、性別を超えて魅了する力があって素晴らしい!元気もらえる!〟という意味合いと



また、アイドルの卒業と掛けて自分もそろそろ仲間たちとアイドルを応援する日々から一歩踏み出さなければ、、、という現状を抜け出す意味での卒業を関連づけたシーンなのでは?と自分は捉えました。

この様にアイドルヲタクなら少なからず体験する経験。直接的では無いですか、この様な行動の裏をヲタクの心情と結びつけて考えると すんなり話の流れが理解できるのでは無いかと思います。





本当の主役は松坂桃李でもアイドルでもなく、仲野太賀








あの頃。に出演されている役者さんは、日本アカデミー賞を受賞している主役の松坂桃李さん以外もどの方も名脇役方たちばかりです。

その中でも俗に言う厄介ヲタクを見事に演じ切っている仲野太賀さんが本当にそこら辺にいる厄介と瓜二つです(笑)



ある程度落ち着いて年齢を重ねていたり、ライトなファンはそんな事ないのですが 厄介系ヲタクは必ずどの現場にもいて、少なからず自分もその部類だったと思っています。。。

非効率なのに一定の事に強い拘りを持ち、無駄だと分かっていてもその事に全力を注ぐ。しかもそれが美学とさえ思っている。

ですが、それが最もヲタクらしい生き様であり最後には仲野さん演じる小泉みたいなヲタクとして死にたい とさえ思さられてしまうのですよね。




加えて松坂桃李さんのヲタクらしい仕草の演技が本当に完璧なんですよ!

•親指出した手のひら状態での腕組み

ヲタク必需品のでっかいショルダーバックのベルトをにぎにぎ

•握手会の前に無駄にハンカチで手を拭く

•本人に会いたいと願っているのに、握手会に当選した瞬間死にたくなる...  etc




え、これ当方やん?と思ったのは少なからず私だけでは無いはず(爆)

いやはや、俳優さん達の観察力溢れる演技には心底頭が下がる思いです。





以上、ヲタク目線で感想を述べて来ました。



冒頭で人を選ぶ映画だと紹介させていただきましたが、この映画。

そこそこゲスい話も入ってる為女性にはあまりオススメしにく話でもありますね。




中でもカップルで観たく無い との声もありましたが、こんな下ネタも笑って見れない様なカップルなら一層のこと別れちまえ!!(隣でエドロール前にに帰ったカップル、菅田○暉の花束みたいな〜なんちゃらでも見とけ!←) とあえてヲタクの誇りにかけて暴言を吐かせてもらいます(苦笑)





今回はヲタク的感想で書かせてもらいましたが、きっと皆さんも少なからず自分と趣味が合う仲間とバカやって青春チックな日々を過ごした方もいるはず。

映画で言いたいのは、今も最高だけどあの頃もいつ振り返っても笑っちゃうくらい楽しかった。過去を美化して懐かしむだけじゃなくて 思い出を糧に生きていこうぜ! って事をメッセージとして届けたかったんじゃないでしょうかね。





自分も自分より年上のヲタ仲間とライブでヲタ芸打ちまくって、推しジャンしまくったり。

握手会でループしまくって、その後ファミレスでダラダラ打ち上げしたり、、、そんな学生時代も楽しかったけど 

やっぱり今は今でとても楽しいです。




そしてあの頃の松浦亜弥ではなく、今自分も推しグループであるBEYOOOOONDSの山崎夢羽を松浦亜弥役として選んでくれて凄く嬉しく思います!(←どさくさに紛れて)










というか、メイクから仕草まで完璧に寄せずにだよォ!!偉いよ、夢羽ェ~!!←




皆さんも好みはあると思いますが、アイドルに興味ある方やヲタク気質な方は、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

余談

本文で、偉そうにヲタク論を語っておりましたが

当方2月14日に参加してプレゼントで配られた

鈴木愛理のチロルチョコを勿体無くて未だに食べれていません。。。←






運営が用意したとはいえ、貰えたのが嬉しくて食べるキッカケを失ってしまったのですが

どなたかいいアイディアが有りましたら、

この小心者ハロヲタに助言を授けてくだされば幸いです(苦笑)








コメント

  1. side.Mt より:
    このコメントは非表示です。

    すーちゃん、こんばんは

    あの頃

    ヲタの映画だったんだ。
    最近、映画館に行ってなくて。

    ちょうど、10年くらい前に娘ヲタで毎ツアー20公演以上行っていた頃が懐かしいです。

    すーちゃんに逢いに行きたいなー。

  2. haku3san より:
    このコメントは非表示です。

    私もハロプロよく見てます。
    道重さゆみはとても好き。
    就職1ヶ月記念にチョコレートを食べてはいかがでしょうか?

  3. ツンシー より:
    このコメントは非表示です。

    この映画の批評を、元ハロプロオタクさんから聞けて嬉しいです。
    また、あやや役の娘が誰か教えて頂けたのでありがとう

    すーちゃんのオタク度(昔)が分かって、超嬉しいです。

    すーちゃんに超会いたいので、今日も22時~23時迄、PC前で命かけてたけど、
    23時迄無かったので、今日は予約なしと思い込み、0.5秒タイミングずれで、電話3番目でした。
    19時から予約出来るとの事だけど、帰宅時間22時は、緊急事態時では無理なので、
    来週またチャレンジします。(ホワイトデーだから無理かも)
    12時出没を期待期待

    愛理ちゃんチョコ食べない方がベスト、神棚(無い時は、プラモ棚)に飾りましょう!!!
    熱くなったら、冷蔵庫かな?

    一つ頂戴! 夢物語❕です。

  4. modoki より:
    このコメントは非表示です。

    特別メッセージも観に行きたいですの~

  5. nakayama より:
    このコメントは非表示です。

    1週間ぶりです。中山です。
    覚えてなくても大丈夫ですw

    お仕事うまくいってる?
    仕事なんて、嫌なことするからお金もらえるんだから、
    大変で当たり前ってくらいの気持ちでいればいいよ。
    まぁ、いつかは慣れるもんなんだけど、慣れたら慣れたでまた別の大変なこともでてくるしね。
    あと、涼花ちゃんは人懐っこいから、それを妬んでる意地悪な人もいるのかもね。

    映画、初代AKBチームB推し、現日向坂推しとして、是非見てみますね。

  6. senpai_noririri より:
    このコメントは非表示です。

    映画のレビューなのかヲタクの評論なのか笑
    ドルヲタではなかったけれど、8~90年代のゲームガチ勢&声優ヲタとしては、
    身につまされる共感どころ盛りだくさんの内容でした!

    チロルチョコ食べてないんかい笑
    もうここまで来たら食べずに真空パックして神棚に祀るのがいいのではなかろうか?!

  7. side.Mt より:
    このコメントは非表示です。

    すーちゃん、こんばんは

    土曜日の予約できました。
    19時から120分です。
    よろしくお願いします。

    あと、新しいぉパンティを持っていくので、買い替え予定のぉパンティがありましたら、交換をお願いしたぃです。

    エッチな香りや、すーちゃんのエキスなどがいっぱい感じられたら、めちゃめちゃ嬉しいです。

    あと、すーちゃんシャワーを浴びたぃです。

    今回は、お泊りにしましたので宴会かな。

    今回も、がっつりプレイでお願いします。

    色々とったの持ってくね。

    静岡の佐藤

  8. タッキー より:
    このコメントは非表示です。

    涼花ちゃん、おはよう

    タッキーだよ。
    明日16:00〜で予約したよ。
    めっちゃ久しぶりだね(o^^o)
    とても楽しみ、いっぱい気持ち良いことしようね。(笑)
    フクロウの酒器当たったので、それも楽しみ。
    それじゃ、今日も頑張ろう

  9. いの より:
    このコメントは非表示です。

    こんばんわ。かなりお忙しいようですがお体大丈夫でしょうか?
    ブーツも届き、ドン引きされそうな夢や妄想を抱きつつ意気揚々と予約争奪戦に臨むつもりでしたがお休みの連絡を拝見した瞬間に現実世界に引き戻されてしまいました(笑)

    F91の塗装を拝見して、色々アドバイスをして差し上げたいのですが、それも含めて来週以降にお預けですね。
    塗装見本を作って持って行った方がいいんですかね?

    因みにタミヤのどんなエアブラシなんですか?
    ブログの写真では機種まで解りませんでしたが、因みに、エアブラシの側面の文字がSPRAY-WORK HG-Tならノズル口径が0.3mmで、SPRAY-WORK HG-WTだったらノズル口径が0.5mmになります。
    ノズル口径が0.5mmだったら細吹きには向いてないので0.3mmのノズルに換装(交換)することをお勧めします。
    ただし、エアブラシの分解は難しいので慣れた人にやってもらうのがいいんですけど、まぁ、今度お会いした時に話をしましょう。エアブラシのニードルはめちゃくちゃ鋭利ですごーく危ないので決して一人で入れ替えることはしないで下さい

    では、お体にお気を付けてお過ごし下さい。

  10. いの より:
    このコメントは非表示です。

    こんばんわ。インスタを拝見しました。
    F91は缶スプレーで塗ったのでエアのプツプツが残ってたんですね。
    というか、大変失礼しました。完全にナメてました。クレオスの平吹き用プロコントリガーにグリップ装備とは・・・・マジのガチですね。
    インスタの写真を見て「分解掃除ぐらい出来るわよ!なめるな」と言われているみたいで、申し訳なかったです。
    お詫びに今度お会いした時にいっぱいナメナメします(笑)

    というわけで、文章で伝わるかどうか解りませんが先日お見せしたZガンダムとかνガンダムのグラデ塗装方法について解説します。
    ・サフがけの上からグラデ塗装すると塗膜が厚くなり、組むときにハマらなくなるのでプラモの時はガイアノーツのサーフェーサーEVO(エヴォ)の黒を使います。
    ・サーフェーサーEVOの黒:5にシンナー:5、ガイアのフラットベース:0.5~1を混ぜて黒いサフを作ります。
    ・ガイアノーツはフラットクリアーとフラットベースの2種類が売ってますが、フラットベースを使います。
    ・フラットベースの分量は感覚ですので好みで調整しますが、ツヤツヤにならなければいいので少量添加して試し吹きしましょう。
    ・その黒でパーツ全部を真っ黒に塗ります。
    ・次に、隠蔽力の強い白(クレオスのEXカラーの白かガイアのホワイトかフィニッシャーズの白)を1、シンナー3ぐらいで希釈した薄い白を作り、圧弱めの細吹きで黒いパーツにグラデーションを付けていきます。
    ・面のエッジを明るくしたい場合はエッジに薄く白を拭きます。エッジを暗くしたい場合は面の中心部に白を拭きます。
    ・ここまでは下地なので、黒がほんのり白くなればいいです。白い部分は次に上から塗る塗料の色が濃く出ますし、黒い部分は黒ずんだ色になります。

    ・次に、プラモの説明書に書いてある指定色を作って、塗料1:シンナー3でシャバシャバ気味に薄めて細吹きでパーツに重ねていきます。
    ・最初は下地の黒に負けて色が出ませんが、エアブラシで細吹きするとすぐ乾くので繰り返し塗っていくとだんだん色が出てきます。
    ・色が出ないから一カ所に集中的に吹くのはダメです。ダマになりますので、常にエアブラシを動かしながら少しづつ色を乗せていきます。
    ・上に書いた通りエッジを暗くしたい場合は中心に向かって濃く色を乗せていきます。この辺のグラデーションが出せるのがエアブラシの強みです。
    ・目と頭のカメラは筆で銀か白を塗ってからイエローとかクリアグリーンを塗ります。
    ・下地が溶け出す場合は、ヤスリで部分的に色を落とした後に筆で銀か白を塗ってからイエローとかクリアグリーンを塗ります。

    ・ガンダムの顔の側面の黒い部分などは白を塗った後に薄めのエナメルの黒を落とします。塗装前にフチを軽くタガネでなぞっておくだけでスミ(エナメル)の流れ方が違うのでやってみて下さい。力を入れて彫る必要はありません。なぞるだけです。

    ・全部塗ったら墨入れとかデカールを貼って下さい。サブを拭いてると割れにくくなります。

    因みに、プラモの割れですが、僕は過去30年、スミ入れで割れた経験が1回しかありません。
    割れるのはスナップフィット(パチ組み)が原因です。ハメ込むときにパーツを保持するためにダボ穴が広がり微少な亀裂が発生します。そこにシンナー(有機溶剤)が流れ込み割れ目からプラを侵食して割れるのです。なので、例えばダボ穴を切って接着剤で止めるとかパーツに負荷をかけないようにしておけば割れることはありません。これはABSでも同じです。(古いマスターグレードでも割れたことありません)

    とまぁ、前回塗り方を聞かれたので、解説させて頂きました。
    今回もめっちゃ長文ですが、参考にして下さい。

    ブログのコメントってこんなに長文でも大丈夫なんですかね?

    あと最後に2つ。
    明日20の15時から、毎年、稲毛でやっている大河原邦夫のトークイベントがあります。
    今回はコロナの影響でオンライン開催だそうですので、興味があれば聞いてみて下さい。
    https://www.gundam.info/news/event/01_3650.html

    もう1つは、巣鴨の「さかつうギャラリー」というジオラマ素材の専門店で、ワイルドリバー荒川さんの個展が開催されています。
    作品数は12点と少ないですが、ガンダムとスターウォーズの凄い作品が見られますよ。
    恐らく、スターウォーズお好きですよね。ファルコンのジオラマすごいので興味があれば見て下さい。入場料無料です。
    https://twitter.com/WildRiverArakaw?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

    では、次回ナメナメ出来るのを楽しみにしております(しつこい)

  11. ただ より:
    このコメントは非表示です。

    涼花さんこんばんは❗
    ただすけです(^^)

    ブログの感想じゃなくてごめんなさい(>_<)

    実は俺今日誕生日でした
    誕生日前に逢いたかったけど、ここ数回予約連敗中で残念です(T-T)

    必ず近々会いにいくから、徳利とおちょこをとっておいてね‼️

    んじゃまたね❤️

  12. ただ より:
    このコメントは非表示です。

    涼花さん、こんばんは❗
    ただすけです(^^)

    土曜日やっと会えます❤️❤️❤️❤️
    1人目です\(^o^)/

    会えるのを励みにして明日1日頑張ります❗

    涼花さんも明日お仕事頑張ってね(о´∀`о)

    それじゃ土曜日に(^^)/

    追伸
    先月俺誕生日だったんだよね←

  13. いの より:
    このコメントは非表示です。

    こんにちは。
    昨日はありがとうございました。
    おかげさまで刺激的で濃密な時間を過ごすことが出来ました。

    ところで、昨日ご質問頂いたファレホの件ですが、以下に使い方や注意点を記載しますので参考にして下さい。

    (1)筆塗り用とエアブラシ(吹き付け)用がある

       モデルエアーシリーズは吹き付け塗装用で、恐らく塗料の粒子が
       細かくなっています。あと、リターダー成分が入っていて乾く速度が
       遅めに設定されています。筆塗りは出来ますが、隠ぺい力は弱いと思われます。

       それ以外のシリーズは筆塗り用で、塗料の粒子が大きく、濃いめになってます。
       ですから、パレットに少量出して、水で濃度を調整して塗るのが基本です。

       モデルエアーシリーズ以外のシリーズでもエアブラシ塗装が出来ますが、
       もともと濃度が濃いので必ず、ファレホのエアブラシシンナーで薄めに
       調色して、口径の大きいエアブラシで塗装して下さい。
       ただし、薄めると塗膜が弱くなるのでお勧めは出来ません。

    (2)エアブラシ塗装時の注意点

       水で薄めることが出来ると書いてありますが、必ず専用のエアブラシシンナーで
       薄めて下さい。ただし、エアブラシシンナーは量の割に値段が高いのでランニング
       コストが上がってしまいます。これもファレホのエアブラシ塗装をお勧め出来ない
       理由の1つです。

    (3)筆塗りの注意点

       値段の割に量が少ないですよね。これは薄めて使うことが前提だからです。
       よって、前述の様にパレットに少量出して、水で薄めて筆塗りします。
       塗装する色が下地より薄い場合は、少し濃いめで塗ると下地が透けません。
       同系色でグラデーションを付ける場合は薄めで何回か重ねると綺麗に発色します。
       
       と言うように、使い方で濃度を調整しながら塗り塗りします。
       
       また、水で薄めると、プラに塗れない(プラは水を弾きますよね)ので、
       必ず下地塗装をして、水性塗料が乗る様にする事が重要です。
       
       専用の缶スプレーが売ってますが、割高なので、私は普通にラッカー系の
       塗料をエアブラシで吹いてから、ファレホやシタデルやタミヤのアクリルを
       筆塗りする方法で進めています。
       自分で下地を塗る場合の注意点としては、つやありにしないということです。
       つまり、フラットベースを入れて、半光沢か、つや消しにする事で、水性塗料を
       弾きにくくする事が重要です。

       話を戻します。

       普通の絵の具のように、ファレホ同士を混ぜることは可能です。

       パレットで乾いて固まったらファレホシンナーで元に戻せます。(水では戻せません)
       戻らない場合は、エアブラシクリーナーを使って下さい。
       (固まったパレットの塗料の上にシンナー1滴垂らす)
       
       塗った後、筆ムラが目立つようなら、ドライングリターダーを1滴入れましょう。
       乾きは遅くなりますが筆ムラはかなり解消されます。
       
       シンナー系より乾きは早いです。(アルコールなので)
       水を多く入れると乾きは遅いかも、それでもシンナー系より早いです。

       造形村のウォーターパレットは使った事無いけど、恐らく
       付属のスポンジを水で濡らして、
       プラスチックのケースに敷いて
       その上からペーパーパレットを1枚置く
       紙が湿ったら、紙の上にファレホを少量出して使う
       
       みたいな感じでしょうね。
       他の人の評価は良いみたいですね。

       ただし、紙が消耗品なので、僕は文房具屋に売ってるプラスチックの
       パレットやタミヤのプラペーパーを使っています。
       
       これも裏技ですが、プラスチックのパレットで固まったら、
       タミヤのアクリル溶剤で溶かして使います。
       これは、あくまで裏技ですから、基本的な使い方に慣れてから
       チャレンジしてみて下さい。
       
       
       あと、ファレホはガンプラのドライブラシに向いてますから
       チャレンジしてみて下さい。
       ・リターダーを多めに入れる
       ・ちょっと濃いめでエッジにこすりつけ

    今回も長文ですみません。

    では、また1ヶ月後にお会い出来るのを楽しみにしております。

    追伸

    昨日お渡ししたエントリーグレードのガンダムの製作時間ですが4日ぐらいです。
    1日目:パーツ切り離して一部接着と胸ダクトと襟の黄色を切り離す後ハメ加工(2時間ぐらい)
    2日目:接着した所のペーパーかけ(2時間ぐらい)
    3日目:下地塗装と白でグラデーション入れる(3時間ぐらい)
    4日目:本塗装(4時間ぐらい)

    秋葉原製作室で3時間ぐらいあればグラデーション塗装のデモが出来るんですけどね。

    あと、今回聞き忘れたんですが、インスタフォローしたらDMって送れるんですかね?
    DMだと長文送るのしんどいからコメントのままでいいのかもしれませんが・・・

  14. ただ より:
    このコメントは非表示です。

    涼花、こんにちは❗
    昨日は幸せな時間をありがとう❤️

    これでしばらく頑張れます(^^)/

    徳利セットもありがとう(^-^ゞ
    大事に使います、てか一緒に飲める日があるといいね(о´∀`о)

    それじゃまたね(^^)
    次回は夏かな?

  15. メッシュ より:
    このコメントは非表示です。

    土曜に入った大野です。
    楽しく濃厚な時間をありがとう! 毎回、すっごく満たされてます。

    ここでコミュニケーションできるってことで、書いてみるね。
    次回は可能ならぜひコスプレでよろしくね。制服とか、ナースとか希望です。

    今度はGW後半以降かな。競争が激しいと思うけど、頑張りますー

タイトルとURLをコピーしました