グルメ

夏こそ熱燗とおでん。歴史あるB級グルメ『お多幸』の豆腐茶飯を食すのだよ。

グルメ









人は歳を重ねる度に過去を振り返りたがる。

先日、27歳へとまた一つアラサーへの道へと近づいた私は雨の日本橋を歩いていた。


目的地はグルメ好きの母に昔連れて行ってもらったある店。

私の母は、少し変わっていて博学ではない故に勉強を教えてもらったことは一切ないが食育だけには少し力を入れていれてもらっていたような気がする。

それもこれも、我が家庭は祖母・母と続いて驚くほどに料理ができなく 好き嫌いが多い家庭だった事にもある。


特に私の母の場合は、野菜と魚が一切食べれなく 〝ちゃんぽんの野菜抜き〟や〝ジャガイモと肉だけの肉じゃが〟等 

聞くに耐えないトンチンカンな料理ばかりが家に並んでいた。

母の幼少時代も料理をしない祖母がたまに作ってくれたと思えば ほぼ、胡椒だらけの炒飯が出て来たり   とても食べれたモノではなかったと怒り混じりに話していたのをよく覚えている。




そんな反動もあってか、彼女はグルメ本を買っては各店に評価やチェックをしながら毎週のように食べ歩きに連れて行くというイベントが親子の間で行われていた。

自分は料理が作れないから、せめて美味しいものと不味いものが区別できる様。外食で食事のマナーが身に着く様にという意味合いだったらしい。

まぁ、単に母が食に好奇心が旺盛ということもあるだろうが。。。


そんな時、高校時代に連れて行ってもらったのが日本橋にある『お多幸』。

創業60年以上のおでんの老舗であり、豆腐一丁を大胆にご飯の上に乗せた名物〝豆腐茶飯〟を挙げればご存知の方も多いだろう。

今思えば、野菜は食べれないが豆腐が好きな母はコレに目を付けたのだと予想できる。


「人気の店で行列ができるかもしれないから学校が終わったら速攻で日本橋に向かって!」と念を押されたので 

木目の歴史のある建物の中で、制服のまま思春期ながらに気まづい気持ちでその味を堪能した記憶がある。。。


そして、高校卒業して9年目の現在。今度はTシャツにジャージを羽織って私は店の前に立っていた。

人というものはつくづく変われないものである、、。



生憎日本橋本店はコロナウィルスの為、休業を続けていたので 二駅ほど離れた神田店までそのまま歩いてお邪魔する事にした。

時刻はお昼時。本店よりも新しい木の匂いが漂う店内に心が踊る。


ランチはいくつかの定食メニューから選択するらしいので、迷わず〝豆腐茶飯と焼き魚定食〟を注文した。

この時期のランチとしては結構店内が埋まっており、更によく見渡すと どうやらほとんどが茶飯狙いらしい。


約3分ほどで運ばれて来た定食は、どの付け合わせもバランスよく盛り付けられており見た目も美しい。



焦る気持ちを落ち着かせようと、まずは味噌汁をすすり、漬物に手をつけ 惣菜で焦らしに焦らしたあと念願の再開を果たした豆腐茶飯にいよいよ箸を入れる。。。



関東風のあっさりとした出汁が豆腐と米に良く絡まり、じわーっと体内へ浸透してい
く優しさ。

連日即席麺やニンニクで痛み続けた私の胃にスーッと飲み込まれていく、、、ああ、和食って素敵。

正直味わいとしては何の変哲もない普通に美味しい豆腐飯なのですが やはりこの出汁によく煮込まれた豆腐と米を一緒に食べることでその良さは格段にアップされている、、、気がする。

堪らず卓上にあった七味も振りかけ茶漬けの様にいただく。母が昔教えた食のマナーには反しているが既にジャージを羽織って老舗の店にいる私にとってはもはや関係ないだろう←


魚には詳しくないが、おそらくアジと思われる白身魚は骨が取り除かれている部位のみ提供さておりとても食べやすい。



ある程度食べ進めると、卓上に小さな壺に入ったカラシを見つけ コチラも興味本位で茶飯に入れてみた。

黄土色の綺麗なカラシを豆腐飯と一緒に口に入れると、茶漬食いをしていた私の箸がピタッと止まった。

、、、なんだ。このなんとも言えない甘味があるカラシは。。。

今まで出汁で優しく包み込んでいた豆腐飯がカラシを入れる事でフワッと甘味感じたと思ったら 独特なカラシの香りがたちまち口内に広がり

より一層出汁の深みが増した気さえしてしまう。


不思議な味わいウットリしながら ゆっくりその味を噛みしめ、鼻でも香りを味わう。

豆腐茶飯にこんな味わい方があったなんて、、、願わくばタイムスリップして制服で気まずそうに食べていた当時の自分に教えてやりたいくらいだ。

そして価格はこれで780円というのだから日本のランチコスパ戦争恐るべし。。。



食べ終わった後に、ふとカウンターを見るテーブルには無いおでんのメニューが壁に飾られている事に気がついた。

どうやら昼と夜でいただけるメニューは違うらしい。


目を凝らしてよく見ると、、、

ムール貝。生ゆば。生ゲソの足。

どれも普通のおでん屋にはない品に目を丸くさせながら

これを酒と一緒にカラシを付けて食べたら、、、なんて妄想を膨らましゴクリと唾を飲む。。。




、、、5時間後。私は再びこの店を訪れるという食べログハンターもドン引きの行動に出てしまっていた。

しかも通されたのは不運にも昼に座った場所と同じカウンター。

昼間に何回か目があったであろうガラス張りの厨房真っ正面に立つおでん担当の兄ちゃんは〝また、ジャージの女が来た〟と思ってるんだろう。しかも中に着ているTシャツはバルタン星人。。。

私は、そんな羞恥心には負けまいと 素知らぬ顔で熱燗と昼間に気になった品を頼んでやった。

大人になると多少の挫折を嫌でも味わうので、こんな事でヘコタレはしない(タチが悪い)。



スピーディーに出されたおでんは、店内のライトアップのせいもあったから出汁でキラキラと輝いていて、色艶も申し分ない。



生ゆばのキュキュッとした食感。貝の独特でまろやかな臭み。どれも舐め回す様に味わいながら、辛口の熱燗 百十郎をクイっと喉に通した瞬間はまさにこの世の天国!  

サヨナラ家での一人酒の日々よ!!(今も一人で飲んでるけど、、)





特筆すべきは特に生ゲソの足。

おでんで煮込まれているにも関わらずネットリと舌に絡みつく食感は限りなく刺身に近いものがあり 更にあのカラシを付けると絶妙に締まりが出てウマい。

その他にも昼間に気になりつつもグッと気持ちを抑えて我慢した大根も注文してみる。

これでもかと真っ茶色に化粧をした大根が妖艶な色気で私を誘ってくるので 優しく箸で切ろうと思ったら、既に一口サイズへと切り分けてあった。

この店の素晴らしいところは、全てのおでんに板前さんが一口サイズのカットをさり気なく仕込んでいるところだ。

しかも箸でつつくまで分からないくらいに繊細に切られた配慮が何とも嬉しい。




大根を口に運べば、たちまち口内はジワーッと出汁が染み渡っていく、、、どくれくらいに煮込めばこの味になるのだろう。

他のおでんとは比べ物にならないくらい、よく染み柔らかくホクホクした大根を目を閉じてゆっくり噛み締める。

給付金が入らなければこんな贅沢は出来なかったので 私はこの場面で初めて国に感謝をした←


その後も気づけば熱燗をお代わり、おでんをもう一皿と爆食いする私には長年培ったスキル 話しかけるなオーラを漂わせているので誰も声をかけようとはしない。

両サイドのカウンターから聞こえてくるのは 「僕27万のマンションに住んでいるんですけど もっと会社の近くに引っ越したいッスね」というヘラヘラして話す若手サラリーマンの実にくだらない話。

こんな奴が私より給料多く貰って悠々と生活しているのか、、、と考えると徳利を思わず投げ付けてやりたくなる衝動に駆られるが あくまでも寡黙に酒と料理を楽しむのが大人の嗜みだ。


最後にレジで一言「それ(バルタン星人のTシャツ)一番ウルトラマンで出てくる奴ですよね」

と店員に話しかけられ

ぎこちない笑顔を返し店を出た。



確かにウルトラマンの歴代登場数最多の宇宙人はバルタン星人。怪獣ではゴモラなのだから。

、、、、この店員なかなかやるな。。。。

夏に熱燗とおでん。実にハードボイルドな飲みだったと 私は満足げに雨の降る神田の街を再び歩き出した。

コメント

  1. side.Mt より:
    このコメントは非表示です。

    すーちゃん

    こんばんは、静岡の佐藤です。

    土曜日はありがとね。

    例のおでん屋さんだね。

    今度、すーちゃんに逢いに行った帰りに行ってみるょ。

    あっ、すーちゃんのバースデープレゼントを持って行ったけど、話に夢中になって渡し忘れてしまって、ごめんね。

    次回は一番最初に渡すね。

    あと、ふしぎの海のナディアと、彼氏彼女の事情、ライダー関係持っていくね。

    ゲームオブスローンズは見てくれたかな?最終章もお楽しみに

    すーちゃんの香りを楽しんでいます。
    ありがとね。

    リクエストとかあったら、さりげなくブログにわかりやすいサインを出してくれたらチェックするね。

    すーちゃんに逢えるのを楽しみにしているょ。

  2. わか より:
    このコメントは非表示です。

    グルメレポートと思ってたら呑兵衛レポートになっとる・・!

  3. haku3san より:
    このコメントは非表示です。

    とても面白いブログをありがとうございます。
    普通にお店のメニューについて語られると思ったら、最後には愚痴が出るところ辺りは流石です。
    怒られるかも知れないが、機会を設けて訪問させてもらうね!

  4. senpai_noririri より:
    このコメントは非表示です。

    お多幸美味しいよね〜!昔はあんまし、おでん好きじゃなかったけど、お多幸のおでんの美味しさを知っておでん好きになったのですよ(*´ч`*)大根も色合いの割に味が濃すぎることもなくて出汁がめっちゃ美味しかった思い出。豆腐茶飯も飲んだ後の〆には最高だよね〜…おでん食べたくなった!深夜になんて飯テロだい!笑
    ちなみにすずかちゃんのジャージ姿はむしろ可愛いです((o(*・ω・*)o))

  5. しみ~ より:
    このコメントは非表示です。

    この前聞いていたお多幸の話だ~(笑)
    私は良く新宿で通る度に気になっているお店で、涼花さんのブログ見て、更に行きたい気持ちが大きくなった~

    いつもながら、景色も見えるような文章…良いね❗
    そんな涼花さんと美味しい店でご馳走したい~
    一杯話したい~って思ったよ。

    いつも楽しいブログありがとう。

  6. 佐藤 より:
    このコメントは非表示です。
    すごーく楽しい話でした。その時の風景が見えるような文章で最高⤴⤴

  7. ただ より:
    このコメントは非表示です。

    すずかさん、おはようございます❗

    相変わらず文章上手いですね☺️
    美味しさが伝わってきました

    てか、行動が微笑ましくて、すずかさんらしいですね

    さて、給付金も出たので、いつもの時期ではないですが、土曜日お邪魔します❤️1人めです‼️

    お会い出来るのを楽しみにしています
    それでは今週ラスト1日お互い頑張りましょう✨

タイトルとURLをコピーしました