趣味・雑談

ローソン一番くじラストワン賞 SOFVICS 仮面ライダーゼロワンライジングホッパー 発光ver.を手に入れたのだよ。

SNSフォローボタン
涼花をフォローする
趣味・雑談




こんにちは、涼花です!

バンダイ教の一員である森田も最近はめっぽうガンダムガンダム言ってますが、当然仮面ライダー&ウルトラマン熱も冷め切ってやいません。

インスタに話題出さなくなったり、玩具をあんまり買わなくなったけど、お金を払うことだけが愛ではないと思っているので番組は毎回ちゃんと観ていますよ!←

さて、そんな最中今年の年明けから颯爽と開始された地獄の一番くじイベント。

「一番くじ」とはローソンの全国実施店舗にて¥600の引き換え券を買った上でくじ引きができ、引き当てた特典はランクによってランダムで商品でお持ち帰りすることができるという、

まぁ言ってしまえば高額ガチャガチャのようなものです。

この方式だと欲しい商品が当たるまで歯止めが効かなくなってしまうので、森田は上限額を決めてトライしているのですが、、、毎回この一番くじのせいでどれだけ商品がホビーオフになっていることか。。。

上限額と言っても、ギャンブル的楽しみを除けば普通に買った方が安いのでなかなかお財布的に厳しいイベントでもあります。

しかし今回は、数々の失敗から学んだことによって とある大人の力で1番ハードルが高いラストラン賞狙い撃ちで購入することをついに決意したのです、、、!

自分の力で引き当てるだけではなく、時にあらゆる手段を駆使して目的を達成することに気づいた26の冬(←遅い)

そうして手に入れたラストワン賞がこちら!!




SOFVICS 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー 発光ver.

なんという存在感なのでしょう!!

取り急ぎぐるっと1周撮影したのでゆっくりと見ていくことにします。








スーツのイボ感やサイズにわたるシワ。

複眼の再現やゼロワン独特な蛍光イエローの再現など どれをとっても素晴らしい出来ですね、、、!



森田としてはこのシュッとしたお尻の形がリアル感があって なかなかたまりません。。。←


というか何よりもこの複眼よ!!

透き通るクリアレッドといい、何で綺麗か瞳ザマスでしょう!!

元々SOFVICSは、インパクトを与える大きさを再現するためのソフビ成形と細かいディティールを表現するインジェクション(射出)成形の異なる製法を同時に取り入れていることにより ここまてレベルの高い商品が出来上がるようです。

いやそうは言っても去年の1番くじよりも、何倍も進歩している気がするのは私だけでしょうか。

ちなみに昨年の一番くじラストワン賞のクウガと比べるとこんな感じ。

なんかポーズがどことなく似ている感じなのは置いといて、、、

明らかに立体感と塗り分けが綺麗に出てますよね!

開発者のブログを読んだところ、今回のゼロワンソフビは相当入れ込んだようで

物理的に金型で抜くことができない箇所等の繋ぎ目問題を最低限に縮小するというバンダイの変態技術が大いに炸裂しております。

通常ソフビならこんな風に繋ぎ目が出てしまうところが(←何故かベリアルしか見本が無かった)

ゼロワンは実際繋ぎ目があるのは肩周辺のみ。

この拘りにより殆ど安っぽさを感じられない作りが実現された訳ですが、その代わりポーズの可動が全くできないというデメリットもあります。

個人的には飾ることがメインでそんなにガシガシ遊ぶ訳でもないので、これだけでも十分満足感はありますけどね!

また、金型を使用して異なる製法で作成。材質やパーツの元々の色の違いから この何とも言えない蛍光イエローを統一させるのに実際企画担当が中国の工場まで足を延ばす等入念な打ち合わせが重ねられたそうです。

バンダイの商品開発熱意には本当に頭が下がります。。。

試しに大きさと色の比較として、双動(食玩)のゼロワンとボーイズトイ(低学年向けの可動式フィギュア)と並べてみます。

スーパー戦隊のロボット巨大化くらい差がありますね。。。

1人だけアルトじゃナイト!が出来ないソフビゼロワン(笑)

そしてこのゼロワン。

ただのソフビと違ってもう1つ特別なことが。。。

名前に発光vet.と付いてるだけあり、顔が光るのです、、、!

どうやって光らせるのかというと、

まずゼロワンの顔を解体するというマッドサイエンティスト紛いなことを行い、、、

LEDパーツを移植して、よく特撮に登場しがちなザコキャラフェイスにします。

そしてスイッチをオンにしたまま、顔を被せると、、、


「俺が仮面ライダーゼロワン!ゼロワンだ!!」

と少し恥ずかしがってるような赤ら顔にも見えますが、めちゃめちゃカッコよく決まるわけです。


暗闇の中で怪しげに赤く光るゼロワン、、、

もうこれだけでフィギュアの出来としてはお腹いっぱいでございます!!

SOFVICSとしても初のギミック搭載となった本商品は当然コストもめちゃめちゃ関わる訳で赤字覚悟のバンダイスタッフの情熱商品となっていたのでした。

いくら一番くじのみといっても気合い入り過ぎだよ、バンダイ!



今回はいつも増して写真多め、文章興奮気味で解説させていただきましたが

大事なことは自分の力で引き当てなくても景品は好きになれるという事!(←そこか)

仮面ライダー好きの同志たちも、ぜひぜひネット散歩をしている時に出会ったら気にかけてみるといいかもしれません。

触ってみると写真で見るよりも、とんでもない仕上がりになっていますよ。

コメント

  1. テスト より:
    このコメントは非表示です。
    テスト

  2. わか より:
    このコメントは非表示です。

    うおまぶしっ

  3. senpai_noririri より:
    このコメントは非表示です。

    とてつもないクオリティだ!!
    これはテンション上がりすぎて日本語もおかしくなるというものだ!笑
    光らせるギミックもなかなか衝撃的な仕組み!笑
    いや、ホントすごいなー!カッコイイなー!そしてデカい!これは大人の全力を駆使してでもゲットしたい気持ちが分かる( ˘ω˘ )ウンウン
    良い買い物だねっ!( ・ㅂ・)b☆

  4. haku3san より:
    このコメントは非表示です。

    興味の薄い私から見ると何処ぞやの宗教のようで恐ろしいです。

タイトルとURLをコピーしました